お彼岸のお供えには胡蝶蘭がおすすめです
胡蝶蘭のお届けは、EFLAの通販サイトをご利用ください
~お彼岸には高品質で種類も豊富なEFLAの胡蝶蘭を~

お彼岸はいつから、いつまで?

お彼岸は春と秋の年に2回あります。

春の彼岸は、春分の日をはさんで、前後3日ずつの1週間を彼岸と呼んでいます。

<2019年の彼岸>

春 彼岸入り 3月18日、 春分の日 3月21日、 彼岸明け 3月24日

秋 彼岸入り 9月20日、 秋分の日 9月23日、 彼岸明け 9月26日

 

ご先祖様のご供養、お供えにお花を贈りましょう。

胡蝶蘭は、思いが伝わる贈り物です。

メッセージカードに言葉を添えれば、より心のこもった贈り物になるでしょう。

お彼岸と春分の日の意味

サンプル

彼岸とは、仏教用語で「あの世(極楽浄土)」、

此岸(しがん)という言葉で「この世(現世)」のことを指しています。

 

春分の日と秋分の日は昼と夜の長さが同じであり、

太陽が真東から昇って真西へ沈む日です。

 

太陽が最も西に沈むこれらの日は、

この世とあの世が最も近づく日だとされています。

彼岸「あの世」と此岸「この世」が一番近くに感じられる日ということで、

ご先祖様を偲んでお墓参りをすることが習慣として残ったと言われています。

 

ご先祖様を偲び、お供えとしてお花の贈り物はいかがでしょうか。

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉もある通り、気候も暖かくなります。

胡蝶蘭は暖かい環境を好みますので、これからの時期はより育てやすくなり、

お彼岸のお供えおすすめです。

サンプル

お彼岸のお供えに、ご予算、ご用途にあった胡蝶蘭をお届け

お花はお供えの役割とご親族の癒しと励ましの効果があると喜ばれています。

特に小さな胡蝶蘭は長持ちし、管理が簡単で邪魔にならず、

ご親族の負担にならず価格もピッタリです。

 

一般的には、お供えは白花になりますが、亡くなられて数ヶ月経っている場合や

個人が花の色に好みがあった場合は、色のついたものを送る場合もあります。 

但し、お供え用の淡い色のラッピングにしなくてはいけませんので、

対応できる花屋さんに頼みましょう。

 

EFLAの通販サイトでは、ご予算、用途別にお選びいただけますので、

下記<公式サイトはこちら>から、ぜひご覧ください。

ABOUT US

胡蝶蘭・観葉植物の通販「EFLA」は東京横浜を拠点に、全国へ新鮮な植物をお届けします。

通販で胡蝶蘭ギフトの販売、観葉植物の販売を展開する当社「エフラ」は、東京横浜を拠点に全国のお客様へ新鮮な植物をお届けする無店舗フラワーショップです。生産者と協力し注文が入ったら数千の在庫から胡蝶蘭を選び出したり、質の高い観葉植物や、珍しい観葉植物を集めて空調の整った温室で管理しておき必要な時に配達できるようにしています。 余分な物流をやめ、より新鮮な植物をスピーディーに!しかも安価でお客様へお届けできる新しいスタイルの無店舗フラワーショップです。 また、大型観葉植物の通販を行いながら、サボテン、サンセベリア、コーデックス(塊根植物)などの小型で人気の植物の通販も始めました。 もっとオシャレで、ココロくすぐる植物生活をエフラは提案します。
EFLA写真
店舗名 EFLA
住所 東京都港区南青山2-15-5 FARO 1F 
電話番号 0120-418-733
営業時間 9:00~18:00
定休日 土・日・祝日
お気軽にお電話ください
0120-418-733 0120-418-733
9:00~18:00
東京都港区南青山2-15-5 FARO 1F 

通販で胡蝶蘭を送るならEFLAをご活用ください

当社をご利用いただいたお客様からもお花の品質には大変満足していただいており、

贈り物用のお花をお求めの際には、毎回当社をご利用いただくリピーターのお客様も増えております。

通販で胡蝶蘭を販売している当社は、送り主様と、送り先の方がどちらも笑顔になっていただけるようなサービスを心掛けており、

心から「当社を利用して良かった」と思っていただけるように常に努力を重ねておりますので、

大切な人への贈り物をお探しの際には、最高級の品質でお花をお届けしているEFLAをご活用ください。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。